スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.12.11(木)

やめたわけじゃないのです

今月9日は息子の14回目の誕生日であった。
ADO(アド:思春期)真っ只中の”まったくかわいくない年頃”ではあるが、それでも14年前にオギャアと生まれてきた我が息子には違いない。
今年も作りました、誕生日ケーキ。
”かわいくないADO”のために、なんと今年はケーキがダブル。

誕生日ケーキ1
こちらは夫作、黄金に輝くサッカーボール。 全てチョコレートである。

誕生日ケーキ2
そしてこれが母作、”ピッチでゴールキックをする息子”

緑のモショモショは青のりである。
・・・というのはまーったくの嘘っぱち!で、本当はホワイトチョコレートに色を付けたものである。
後になって思ったが、やっぱり土台のケーキを四角にすれば良かったなあ。 そうすればもっとピッチに見えたのにー。 母のミステイクである。

ケーキの上に乗っている物体は、写真の飴サンド。
PSG(息子の好きなサッカーチーム)の選手がキックしている写真を探しだし、息子の顔写真をコラージュ。 それを夫が飴で固めてくれた。
真剣にボールを蹴っているはずなのに、なぜかへらへら笑っているのはご愛敬。

この後14本のロウソクと花火ロウソクを立て、息子を呼ぶ。
なんだか妙に嬉しそうに、そしてちょっと恥ずかしそうに、ニヤニヤしながらロウソクを吹き消した。
”かわいくないADO”であるが、やっぱりかわいい息子なのであった。

T、お誕生日おめでとう!!



スポンサーサイト
│posted at 23:35:36│ コメント 6件トラックバック 0件
プロフィール

くみ

Author:くみ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。