スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.03.25(火)

ケロポット

一目惚れケロ。

ケロ1
ケロケロケロ

ケロ2
ケロケロケロケロケロ

ケロ3
お仕事疲れるわ~

ケロ4
でもがんばらなきゃ・・・ケロケロ・・・

ケロ5
しつこくケロケロケロ・・・

おパリーで購入いたしましたが、「Fabriquer au Japon(日本製)」のシールが貼られていました。
ライオンの口から温泉、カエルの口からお茶。 日本の心ですねえ。

*本日の写真はmikaさん提供です。
「撮って!早く撮って撮って~!!」に応えてくれて、どうもありがとう!
スポンサーサイト
│posted at 11:13:16│ コメント 24件トラックバック 0件
2008.03.24(月)

パック

今日はパック。
この方も書いていますが、宗教上のなんとかで復活がどうのこうの、という日である。
私の中の認識では「チョコレートを食べる日」だ。

我が家では、恒例”狭いお部屋でチョコレート探し”が盛大に執り行われた。

パック1
ドラえもんの中に紛れてみる卵

パック2
枯葉の中に身を潜めるチョコレート

パック3
娘のドレスと同化を試みるピンクエッグ

こんな感じで、大小取り混ぜ60個を隠したのである。
私がチョコレートを隠している間、子どもたちは隣の部屋で待機である。

隠し始めて10秒後。
「もう終わった~~~??」
さらに10秒後。
「もう終わった~~~??」
さらに10秒後。
「あと何個~~~??」

隠し終わるまでこれが続いた・・・。
そして、それぞれカゴを手に隣の部屋から飛び出してくる兄と妹。
全てのチョコレートを探し出し、2人で好きなものと嫌いなものをトレードし、嬉しそうに食べる兄と妹。

君たちの身体は絶対にボンボンでできていると思うよ。

│posted at 01:18:01│ コメント 9件トラックバック 0件
2008.03.21(金)

春なのに~

なんかもう、大雨だったり、青空が見えたり、ものすごい風だったり、恐ろしい勢いで霰(あられ)が降ったり、また大雨が降ったり・・・。
寒いし。
春なのに~。
│posted at 23:46:06│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.03.17(月)

ボンジョ~ルノ~~! チァオ~~~!!

というわけで、今回私たちが行ってきたのはイタ~リアである。
「なんか”S"から始まるところだったなあ・・・」というその場所は、SAUZE D'OULX(ソーズ・ドルクス)というフランス国境に近いところなのであった。
パリからTGV(新幹線)で約5時間。 近いものである。
そこからバスで山道をクネクネと20分間登ったところが、今回私たちが泊まったホテルである。

スキー4
強烈な太陽が私たちをお出迎え

今回は全てお任せのパック旅行であったため、電車、ホテルの予約はもちろん、滞在中の食事も全部込みである。
込み、ということは食事の支度をしなくてもいいということである。 むふふふふふ~~。
毎回そんなに豪華な食事ではなかったが、それでもパスタは見事にアルデンテであったし(フランスではアルデンテのパスタなど、LOTOに当たるくらい難しい)、なによりそのパスタの種類が多い。 私はパスタを選ばない日も多かったが、毎日手を変え品を変え、パスタが出てくるのである。
さすがイタ~リア!と妙に感心した私なのであった。
野菜もたくさんあったし、バターやクリームをほとんど使っていないので、思った以上にあっさりしている。 お腹の調子もバッチグーで、オリーブオイル、グラッチェ!
あとは、1度だけ外のレストランで食事をしたときに娘のデザートで出てきたジェラートが絶品であった。 なぜフランスにはこんなにおいしいアイスクリームがないのであろうか!!

スキー7
娘は雪も食べました

スキーが終わった後は、ホテル内のスパでサウナやジャグジーでリラーックス。 小さなホテルの中の小さなスパではあるが、それでも私たちにとっては充分である。
それでも「ああ、これが温泉だったなら・・・」と、どうしても思わずにはいられない日本人なのであった。

スキー5
山の天気は変わりやすい 晴れていたと思ったらあっという間にまっ白

今回の旅行は夫の職場の人たちも一緒であった。 息子と娘の他にも子どもが何人かいて、それぞれチビッコチーム、オッキイ(大きい)チームで楽しそうにしていたのも良かったことのひとつである。
ずーっと付きっきりで子どもの相手をするのは、やはり疲れる。

スキー6
食い逃げならぬ、雪だるま作り逃げ

早寝早起き、適度な(過度な?)運動。
普段の私と比べ、30倍くらい健康的な生活であった。
いいものですねえ、スキー旅行。

スキー8
ソリもしました 大変楽しかったです(満面の笑顔:モザイク入り)




│posted at 00:57:53│ コメント 14件トラックバック 0件
2008.03.12(水)

*GOÛTER* 3月のお菓子

*GOÛTER* 3月のお菓子を更新しました。
宜しければご覧ください。
│posted at 23:17:17│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.03.12(水)

我が人生初の・・・

スキー1

行ってきました、行ってきました、人生初の○○○へ!
ま、別に伏字にする必要はないのですが、スキーです。
雪山を滑り降りてくる、スキーです。
ある時は蝶のように華麗に、またある時は弾丸のように鋭く、雪山を舞うあのスキーです。

スキー初日、他の皆と同じようにスキー板を付けてリフトでゲレンデに上がった。
リフトを降りると、当たり前だがいきなり雪である。 滑る前に一呼吸する「待合室」などどこにもありはしない。
「うお・お・お・お・お・お・お・・・・・」と言いながらひょろひょろと滑る私。
レッスンまではまだ少し時間があったので、目の前にあったチビッコピスト(ゲレンデ)を果敢にも滑り降りてみた。 何事もチャレンジである。
こけました。 起き上がれませんでした。
なんとか起き上がり、またこけました。
ハァハァ言いながらやっと下までたどり着き(50mくらい)、”動く歩道”みたいなのでようやく上まで上がってくることができたのである。
そして私が3回くらい転んだその間、息子と娘はヨロヨロとではあるが、1度も転ばずに下までたどり着いていたのである。 これが若さなのか!

しかし、その後はしっかりレッスンを受け(団体レッスン及び個人レッスン)、先生から「初めてにしてはなかなかいいよ~! チャンピオン!」とのお言葉をいただき(←団体レッスンの先生、褒め上手だが、どうも気持ちがこもっていない)、なんとかボーゲン、カーブ、ストップなどもできるようになったのである。

さて、私と同じくスキー初心者の息子と娘。
予想はしていたが、2人とも驚くほどの上達ぶりである。

スキー3
真ん中のグレーのズボンが息子(たまたまリフトの上から発見)

息子は最初の2日こそ私と一緒にレッスンを受けたものの、その後は一緒に行ったお兄ちゃんたちと勝手に滑っていた。
4日目、5日目になると、後ろ向きに滑ってみたり、ピスト・ノワール(上級者用コース)を滑り降りてきたりして、「おかん、何で転ぶん? わからんなあ・・・」などと憎まれ口を叩く始末である。
君はそのうちに必ず痛い目を見る!

スキー2

こちらは娘の雄姿。
初日から子どもレッスンに参加して、3日目には他の子どもたちと一緒に山の上まで登り、けっこうな斜面も上手に滑っていた。
まだボーゲンではあるが、かなりのスピードで滑り降りていくのである。
見ている私はハラハラするのだが、本人は滑りながら友達と喋ったりしてのんきなものである。
チビッコピストを一気に滑り降り、”動く歩道”で上まで上がり、そのまままた下まで一気に滑り降り・・・を何度も何度も繰り返す。 これが若さなのか!

夫はといえば、20年くらい前に何度かやったことがあるという。
20年も滑ってないなんて、ま、準初心者ね、私と似たようなもんね、と思っていたら、身体が覚えているものらしく、最初から結構上手に滑っていた。 なんか悔しい・・・。

我が人生初のスキーレポート、次回へ続きます。
│posted at 01:31:04│ コメント 12件トラックバック 0件
2008.03.01(土)

骨折しませんように・・・

この年になって、人生初めての○○○に挑戦して参ります。

というわけで、1週間ほどパリを離れます。
メールやコメントへのお返事はそれ以降になりますので、ご了承ください。

それでは、行ってきまーす!
│posted at 00:41:37│ コメント 6件トラックバック 0件
プロフィール

くみ

Author:くみ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。