スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.01.30(水)

お客様

6日前から我が家にお客様が滞在している。

みみお1

きゃわいいきゃわいいみみ男様である。
最初はR(犬)との相性がどうかと心配したが、最初の日こそお互いを意識して多少ビクビクしていたものの、今ではすっかり大人の関係を築いているようである。

みみおとルル

私が居るときはケージのふたを開けて自由に出入りできるようにしているので、気が向いたらピョンと外に出てその辺を散歩したり探検したりしているのがまたきゃわいい。
一緒に遊ぼうと思い、手袋なんかでツンツンしてみると(決していじめているわけではない)「フーッ!」と威嚇してくるのもまたきゃわいい。
みみ男の実家さる家に来た当初から知っているので、あの頃の小ささと比べて、まあまあ大きくなったことよのう・・・とこれまた感慨深く、そしてきゃわいい。
犬とはまた違う、柔らかな毛の感触がまたきゃわいい。

みみお2
つぶらな瞳でハートをノックアーウト!

スポンサーサイト
│posted at 23:25:04│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.01.27(日)

Uちゃん5歳

25日は娘の5歳の誕生日。
翌日の土曜日にお友達を呼んでフェット(パーティー)をした。
予め娘にどんなケーキがいいのか聞いて見ると「あのねえ、てぶくろをしたぷりんせすがたってるの・・・う~んと~、ぷりんせすはしんでれらがいい」との答えであった。

手袋をしたシンデレラが”立っている”ケーキ・・・作りましたよ。

ケーキ1
♪か~さんが~よなべ~をして~けえき~をつくったよ~~~~。

ケーキ2
なんか~い~もやりなーおして4じま~~でかかったよ~~~~。♪

ケーキ4
失敗シンデレラで立体的なドレスに仕立て、同時にしっかりと立たせたのは夫


「うわあ!本物のシンデレラ~!」という声でよなべの疲れも吹き飛んだのであった。
そしてシンデレラは子どもたちのお腹の中へあっという間に消えていった。

ケーキを食べたり、プレゼントを開けたり、自由に遊んだりする合間に、キーホルダーを作るアトリエとサブレに絵を描くアトリエをやってみた。

アトリエサブレ1
こちらはアトリエ・サブレの様子

予め焼いておいたサブレ、6色に着色したグラス・ロワイヤルを入れたコルネをたくさん、お花とてんとう虫のチョコレート(市販)などを準備しておいた。
まずは私が説明をしながらやってみせる。 
最初はぎこちない手つきで絵や線を描いていた子どもたちだが、だんだん大胆に、そして楽しそうに次々と作品を作り上げていった。

アトリエサブレ2
これは娘の作品

そんなこんなで楽しかった3時間はあっという間に過ぎていったのである。
娘もとても喜んでいたので、よなべのかあさんの疲れはさらに吹き飛んでいったのであった。


ケーキ3

これは25日に作った小さなケーキ。
やはり当日にローソクを吹き消してもらいたいと思って作ったものである。
しかし夫は仕事。 息子はサッカー。 それでもせっかくならばと息子が帰ってくるのを待っていたら、その間に娘は眠ってしまった・・・。
結局食べたのは26日の夜なのであった。 何のために作ったんだか・・・。


赤ちゃんだった娘がいつの間にかもう5歳。
だんだん生意気にもなり、「おっ?」と思うようなことも言うようになってきた。
それでも「おかあさん、だーいすき! もうっもうっもうったーまらんだいすきっ!!」と言いながらギューっとしてくれる娘。
お母さんもUちゃんのことが大好きよ!
│posted at 23:30:47│ コメント 22件トラックバック 0件
2008.01.22(火)

携帯ストラップ

ケロストラップ

ああもう、こんな物を見つけたら買わないわけにはいかないではないか。

プラチナの体にゴールドの王冠、極め付きは妖しく輝くエメラルドの目。
んまあ、なーんてゴージャース!

・・・・・・・・だったらいいなあ。
│posted at 22:57:05│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.01.17(木)

紅白ねずみ

ねずみ干菓子

あけましておめでとうございます。
などと今さらながら言いたくなるこのかわいい紅白のねずみちゃん、実はお干菓子なのである。
和三盆という非常にキメの細かい砂糖を固めただけのこのお菓子が、私は大好きなのだ。
口の中でじゅわ~んと溶けてしまうはかなさがいい。

小さな箱に、お正月のおめでたい形の物が7個入っていた。
「見て見て~、かっわいいでしょ~~」と娘に見せたのが大間違い。
「じゃ、おかあさんはこれとこれとこれ。 Uちゃんはこれとこれとこれ・・・これ(残りのひとつ)は・・・はんぶんこね」と仕切られ、あっという間になくなってしまった。 無念・・・!


*GOÛTER*のブログを更新しました。
│posted at 21:22:07│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.01.14(月)

兄弟餅その後

入り口ドア近くの家具の上で、毎日ひっそりとお正月気分を盛り上げてくれていた鏡餅(兄)。
鏡開きの日にはお汁粉にしようか、それともおいしかったお雑煮をまた作ろうか、ああ、とも会わせてやらなければ・・・などとニヤニヤ悩んでいたある日のことである。
鏡餅のある辺りを掃除しつつ、乱れた飾りを直してあげようとお餅の上の段をひょいっとどけてみたら・・・!!!

兄餅
画像のサイズをちょっと自制してみました

うわわわわわぁぁぁぁぁ!
緑とか黄色とか赤とかもあってとてもきれい・・・。 なんか、丸い模様も入って素敵・・・。
でも、やっぱりお汁粉は止めようかな。 お雑煮もこの間たくさん食べたしね。

とりあえず見なかったことにして、また元通りに重ね、お正月気分盛り上げ屋さんを再度お願いしたのである。
ちなみに、弟のところも同じ運命だったそうだ。

│posted at 23:28:38│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.01.11(金)

おみくじ

実家からおみくじが送られてきた。
両親が初詣に行ったときに、私たち家族の分も引いてくれたのである。
そして、全てあてがわれるよりも自分で選んだ方が気分も出るのでは?と、4人家族に8枚のおみくじを送ってくれた。

まず娘が1枚引き、次に息子、そして私、夫。 続いて同じことをもう1回。
それぞれが2枚ずつのおみくじを手にした。
いろんなことが書いてあったが、中でも一際目を引いたのが娘の「恋愛」

1枚目・・・顔によらず心を選べ
2枚目・・・愛を捧げよ倖せあり

娘のボーイフレンドEは、顔はいいが浮気者だ。
そんなEに変わらぬ愛を捧げる娘。

これは一体とういう風に解釈すればよいのだろうか?
Eのことはさっさと忘れた方がいいのか、それとも今のまま愛を捧げ続ければいいのか?
なかなか難しい問題であるが、しかしそんな私の心の葛藤とは裏腹に、毎日それは楽しそうにEと遊んでいる娘なのであった。

さて、息子の「恋愛」
1枚目・・・今の人が最上迷うな
2枚目・・・この人を逃すな

う~~む。 ということは、将来の嫁はもう決まっているということか。
現在息子にガールフレンドがいるのかどうかは知らないが、非常に気になる!
どんな嫁が来るのか! どんな嫁に「マモ~ン」と呼ばれることになるのか!

私の「恋愛」
1枚目・・・感情を押え慎重に
2枚目・・・将来幸福になる
誰かの結婚話に感情的にならずに慎重に行動すれば、将来幸福になるということか。
”将来”というのが少し気になるところだが。

夫の「恋愛」
1枚目・・・愛しぬくこと
2枚目・・・あきらめなさい
神様、夫は一体どうすればよいのでしょうか?


8枚のおみくじ、大変楽しませていただきました。


│posted at 00:15:09│ コメント 9件トラックバック 0件
2008.01.10(木)

ガレット・デ・ロワ

年末にフォワグラやらビュッシュやらで大量のカロリーを摂取し、年が明けてからはガレットで更なるカロリーを摂取”しなければならない”。
エピファニー(キリスト教のなんとかかんとか)当日は1月6日だが、年末から店に出始め、1月いっぱいくらいは売られているガレット。

私自身はそれほど大好きというわけではないが、ガレット好きの友人のせい(おかげ?)で、今年はすでに4回か5回は食べた。
それほど好きではない、と言いつつ、食べればおいしいのだ。 「じゃ、もう1切れ・・・」などとも言ってしまうのだ。

1月6日の当日は、うちでガレットを焼いた。
といっても、夫が持って帰った半製品に模様をつけ、卵を塗ってオーブンに入れただけなのだが。

ガレット

娘が模様をつけ、卵を塗った。
「プリンセス」や「お花」などが描いてあるらしいが、何がなんだかさっぱりわからない。
それでも「うわ~Uちゃん上手~~! わ~このお花かわい~~~!」などと持ち上げる甘い母。
半分は上記のガレット好きの友人に差し上げたのだが、どうやらフェーブはその差し上げた方の半分に入っていたようである。

というわけで、1月6日も無事に終わったが、まだまだ食べますよ~。
│posted at 00:46:35│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.01.03(木)

あけましておめでとうございます

御鏡

あけましておめでとうございます。
本年も「おフランスってこんなもんね」をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、お正月のお餅はたいていサト○の切り餅などを買うことが多いが、今年はmikaさん宅でぺったんぺったんお餅をつかせてもらった。(機械だけど)
久しぶりに食べるつきたてのお餅。 サト○のそれとは違い、よく伸びるしよく膨らむ。
おととし去年とそんなにお餅を食べなかった子どもたちも、今年のお餅は「おいしい~」とたくさん食べた。 私も「おいしい~」とたくさん食べた。
たくさんあったはずのお餅はあっという間になくなってしまった。

切り餅と丸餅を作ったついでに、せっかくだからと鏡餅も作ってみた。
温かく軟らかい手触りが妙に快感で、いつまでもくるくるくるくる回していたい気持ちであった。
葉っぱつきのみかんを買ってきて上に乗せ、折り紙で飾りを作ると、なーんかもうすっかりお正月ではあーりませんか~!
そしてこちらはmikaさん宅の鏡餅。
同じ釜で蒸され、同じ釜でぺったんぺったんつかれ、同じ手でくるくる回された兄弟餅である。
鏡開きの日には、ぜひ再会させてやりたいものである。

│posted at 00:38:06│ コメント 18件トラックバック 0件
プロフィール

くみ

Author:くみ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。