スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2007.11.30(金)

舞い上がる母を止めてください

日本在住の皆さま、明日の朝は財布を握って本屋へ走ってください。
本屋に着いたら「おはようございます、12月1日発売のエル・ア・ターブル(ELLE a table)をください!」と言いましょう。

明日発売の雑誌「エル・ア・ターブル」に、娘が娘が娘が!載っているのです。
ああ、そうそう、夫も一緒に。

まだ私も見ていないのですが「親子で作るクリスマスケーキ」というテーマで、4ページ載っているそうです。
”親子”がどうして”父娘”であり、なぜ”母娘”でないのか、非常に疑問が残るところですが、まあ大人のわたくしですから、そこら辺はまあそのあれということで・・・今回の撮影では縁の下の力持ちに徹したわけです。

今! Uちゃんの素顔が明らかに!!
・・・ああ、そうそう、夫もだった。

スポンサーサイト
│posted at 07:46:55│ コメント 16件トラックバック 0件
2007.11.22(木)

ついに

あ、そうそう。
そういえば昨日は私の誕生日だったような気がするわ。

もうマジうれぴ~!ヤバすぎ~!(←若者言葉を試してみるが、うれぴーがのりぴー世代)
│posted at 07:34:49│ コメント 12件トラックバック 0件
2007.11.20(火)

ボジョレー2007

さて、2007年のボジョレー。
数日前に飲んだのは、イマイチであった。
香りは良かったものの、味は薄いしフルーティーでもない。
などと言いつつ、チーズと一緒にけっこうクイクイとタダ酒をいただいた私である。

そして今日はジバラ(自腹)酒。
香りは普通であったが、味も普通であった。
まあ、ワインにはまったく詳しくない私が言うのも何だが、しかしこれは好みの問題。
私は去年の方が5倍くらい好きだな。

ボジョレー2007
ボジョレー2007 3,5ユーロ


ああああ、そしてそして・・・・。
あと数十分で・・・・・!!
うわ~~~!!
│posted at 07:45:19│ コメント 4件トラックバック 0件
2007.11.17(土)

え、今日だったっけ?

昨日15日は11月の第3木曜日なので、例の日なのであった。
ボジョレー・ヌーヴォー様お出ましの日である。

しかし、私の行動範囲が狭いせいか、お菓子のことばかりでお酒にまで頭がまわらないせいか、どうも昨年までと比べて盛り上がっていないような気がする。

例年、カフェやビストロの窓や壁には「ボジョレー来たよ!飲みにおいでよ!」などというポスターが貼ってあったりするのだが、それもほとんど見当たらず。
スーパーのボジョレーコーナーも、例年よりもショボい。
2、3人の友達に「飲んだ?」と聞いてみるも、「あ、そっか、今日だったっけ?」という感じの答え。

そういう私もまだ飲んでいない。
一応飲むつもりではいるのだが・・・。 明日かあさってか1週間後か・・・。

そういえば、今年はハロウィンも全くといっていいほど盛り上がっていなかった。

なんで? やはり私の行動範囲が狭いせい? 見えてないだけ?
│posted at 06:16:33│ コメント 8件トラックバック 0件
2007.11.11(日)

栗様のその後

渋皮煮

夫が日本で買ってきてくれたスーパースペシャルお土産の栗で、渋皮煮を作った。

とりあえず作り方をインターネットで調べてみると「手間はかかるけど、とてもおいしい」と書いてあるレシピが多い。
そうか、手間がかかるのか・・・ま、いいや、そんなに数もないしね、と作り始めたのだが・・・。

手間がかかる! めんどくさい! チマチマ大変なことに!!

それでもなんとか出来上がった素敵な渋皮煮。
砂糖をかなりたくさん入れたので、甘露煮のようでもある。 おいちい。

仕事から帰ってきた夫にさっそく自慢した。
「ほ~ら、この色艶! すばらしいでしょ~う、おいしそうでしょ~~う」
夫は「ほーらね、やっぱり栗を買ってきて正解だったな。素晴らしいお土産だっただろ~」となぜか得意気な顔をするのであった。 ちょっと違う・・・。
│posted at 22:59:00│ コメント 6件トラックバック 0件
2007.11.10(土)

Merci beaucoup!

本日! 2007年11月9日! ついに! ああ!
お菓子教室*GOÛTER*の第1回目が開催されたのである!!

私の目から溢れた感激の涙はお菓子を濡らし、少ししょっぱい試食の午後なのであった。(←大ウソ)


*GOÛTER*のブログ更新しました。 よろしければ覗いてみてください。

│posted at 08:12:39│ コメント 2件トラックバック 0件
2007.11.05(月)

夢と消えた霜降り松阪牛

夫が日本出張から帰ってきた。
帰ってくるのは水曜日頃だとばかり思っていたのに、今日なのであった。 本人もよく解っていなかったようであるが・・・。

さて、お土産。

栗、だった。
嬉しいです・・・。 築地市場で買ったという、大きくてツヤツヤぷっくりした栗。 涙が出るほど嬉しいです・・・。

後は・・・。
「人からいただいた」 生クリーム入りドラ焼き。
「人からいただいた」 大吟醸の日本酒。
「人からいただいた」 鎌倉おやき(ドラ焼き風)。
「人からいただいた」 帝国ホテルのフィナンシェ。
「人からいただいた」 イデミスギノの焼き菓子。
「人からいただいた」 ほろほろ崩れるスペイン菓子、ポルポロン。

皆さま、いろいろとお心遣い、ありがとうございます。
大切にいただきます。

栗はさっそく何個かを焼き栗にして食べた。
こっちは「いただく」などというものではなく、ガリッと皮を割り、ガジガジとかじりつき、少し焼きが甘かったためか渋皮が上手に剥けず、ペッと渋皮を吐き出したりしたのである。 少しヤケクソ・・・。
│posted at 05:37:40│ コメント 10件トラックバック 0件
2007.11.02(金)

奇跡のメダイ

ある教会で”奇跡のメダイ”というメダルを買った。
キリスト教のなんちゃらかんちゃらで、マリア様がほにゃらららなので、身に着けていると奇跡を起こしてくれるというメダルである。

前からちらちらと話には聞いていたが、今回Mちゃんが「ぜひ手に入れたい!」と言うので、一緒に行ってきたというわけである。
簡単な地図を見ながら教会を探す。 外から見るとまるで教会らしくないそれが、入り口であった。
しかも、ここ数週間仕事で毎日のように通っていた道である。 こんなところに奇跡の元があったなんて・・・。

教会の横にメダイ売り場があり、ネックレスのチャーム型、財布などに入れる形のもの、大きめのもの、小さめのものなど、いろんな形のメダイが売っている。
50個入り袋などもある。 奇跡の大盤振る舞いだ。

私は財布に入れる小さなものを買った。 40サンチーム(約65円)。
さっそく財布に忍ばせる。

今朝、R(犬)の散歩をしていたとき、道で2ユーロを拾った。
さあ!これから私の奇跡ライフが始まるのだ!
│posted at 03:06:13│ コメント 8件トラックバック 0件
プロフィール

くみ

Author:くみ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。