スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.04.06(日)

業務連絡

4月8日(火)より、私の携帯電話の番号が変わります。
直接、あるいはSMSで連絡しているつもりですが、もしまだ新しい番号をご存じない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがその旨ご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。
尚、現在の番号は明日4月7日(月)まで使えます。

電話
スポンサーサイト
│posted at 23:02:37│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.02.11(月)

時を超え、場所を超え、世代を超え、

去年の夏日本へ帰省したときに、お雛様を持ってきた。
娘のお雛様がなかったので、小さいけれど一応ちゃんとしたものを買おうといろいろとネットで調べ、目ぼしいものをチェックしていたのである。
実家に帰り、両親にそんな話をすると、なんと私がこどもの頃両親が買ってくれた立派なお雛様がまだ残っていると言う。
もう20年以上見ていなかったので、てっきり処分したものと思い込んでいたのだが、天袋の奥の方で眠っていたのである。

7月でもあり、全くの季節はずれではあるが、さっそく組み立てて飾ってみた。

日本のお雛様

天袋の奥で眠っていた間に、お雛様はお肌の曲がり角をちょっとすぎてしまったようで、お顔に薄いシミがあったが、その他はきれいなものである。
お高い絹などではなかったのが幸いしたのか、着物にも虫食いもない。
こんな素敵なものがあるのならば、わざわざ新しいものを買うことはない。

7月が過ぎ、8月も終わるころ、お内裏様とお雛様は飛行機に乗り、遠いフランスまでやってきたのである。
20年以上も真っ暗な中でひっそりと過ごしていたのに、いきなり明るい場所に飾られ、さらには空を飛ぶ乗り物にまで乗せられ、さぞかし驚かれたことだろう。

お付きの三人官女、五人囃子、諸々のお飾りは飾る場所もないので日本へ置いてきた。

とりあえずはカーヴ(地下倉庫)に置いていたが、昨日の日曜日娘と一緒にカーヴに取りに行き、そして一緒に飾り付けた。

お雛様

お飾りの中から、娘がどうしても欲しいと言ったものを2つ3つ持ってきたのだが、娘はさっそく自分の人形を使ってそれで遊んでいた。

ああ、お雛様っていいなあ。 ずっと飾っておこうかなあ。
娘が行き遅れてもいい! 今のままのかわいい娘でいてくれるのならば!
│posted at 23:10:24│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.02.05(火)

2月のお菓子

*GOÜTER* 2月のお菓子を更新しました。
宜しければご覧ください。
│posted at 00:20:03│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.01.11(金)

おみくじ

実家からおみくじが送られてきた。
両親が初詣に行ったときに、私たち家族の分も引いてくれたのである。
そして、全てあてがわれるよりも自分で選んだ方が気分も出るのでは?と、4人家族に8枚のおみくじを送ってくれた。

まず娘が1枚引き、次に息子、そして私、夫。 続いて同じことをもう1回。
それぞれが2枚ずつのおみくじを手にした。
いろんなことが書いてあったが、中でも一際目を引いたのが娘の「恋愛」

1枚目・・・顔によらず心を選べ
2枚目・・・愛を捧げよ倖せあり

娘のボーイフレンドEは、顔はいいが浮気者だ。
そんなEに変わらぬ愛を捧げる娘。

これは一体とういう風に解釈すればよいのだろうか?
Eのことはさっさと忘れた方がいいのか、それとも今のまま愛を捧げ続ければいいのか?
なかなか難しい問題であるが、しかしそんな私の心の葛藤とは裏腹に、毎日それは楽しそうにEと遊んでいる娘なのであった。

さて、息子の「恋愛」
1枚目・・・今の人が最上迷うな
2枚目・・・この人を逃すな

う~~む。 ということは、将来の嫁はもう決まっているということか。
現在息子にガールフレンドがいるのかどうかは知らないが、非常に気になる!
どんな嫁が来るのか! どんな嫁に「マモ~ン」と呼ばれることになるのか!

私の「恋愛」
1枚目・・・感情を押え慎重に
2枚目・・・将来幸福になる
誰かの結婚話に感情的にならずに慎重に行動すれば、将来幸福になるということか。
”将来”というのが少し気になるところだが。

夫の「恋愛」
1枚目・・・愛しぬくこと
2枚目・・・あきらめなさい
神様、夫は一体どうすればよいのでしょうか?


8枚のおみくじ、大変楽しませていただきました。


│posted at 00:15:09│ コメント 9件トラックバック 0件
2008.01.03(木)

あけましておめでとうございます

御鏡

あけましておめでとうございます。
本年も「おフランスってこんなもんね」をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、お正月のお餅はたいていサト○の切り餅などを買うことが多いが、今年はmikaさん宅でぺったんぺったんお餅をつかせてもらった。(機械だけど)
久しぶりに食べるつきたてのお餅。 サト○のそれとは違い、よく伸びるしよく膨らむ。
おととし去年とそんなにお餅を食べなかった子どもたちも、今年のお餅は「おいしい~」とたくさん食べた。 私も「おいしい~」とたくさん食べた。
たくさんあったはずのお餅はあっという間になくなってしまった。

切り餅と丸餅を作ったついでに、せっかくだからと鏡餅も作ってみた。
温かく軟らかい手触りが妙に快感で、いつまでもくるくるくるくる回していたい気持ちであった。
葉っぱつきのみかんを買ってきて上に乗せ、折り紙で飾りを作ると、なーんかもうすっかりお正月ではあーりませんか~!
そしてこちらはmikaさん宅の鏡餅。
同じ釜で蒸され、同じ釜でぺったんぺったんつかれ、同じ手でくるくる回された兄弟餅である。
鏡開きの日には、ぜひ再会させてやりたいものである。

│posted at 00:38:06│ コメント 18件トラックバック 0件
2007.12.31(月)

今年も終わりかあ!

皆さま、2007年も大変お世話になりました。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
│posted at 19:59:33│ コメント 2件トラックバック 0件
2007.12.29(土)

プレゼント

皆さま、クリスマスには素敵なプレゼントをもらいましたか?

私はクリスマスにはちょっと早い23日に、それはそれは素敵なプレゼントをもらいました。
朝、サッカーの番組を見ていた息子が「おかん、後からガビーがテレビに出るでー」と言うではありませんか!
しばらくして、私のガビーが私のためにうちのテレビに顔を出してくれました。
カメラを準備していましたが、それを構えるのも忘れるほど素敵なガビーの笑顔。
フランスを離れてずいぶん経つというのに、まだまだフランス語が上手なガビー。
数年後にはパリに戻ってくるというガビー。
ああっ!また笑顔が! ああっ!満面の笑顔が!
結局、私はカメラの画面を覗くことは一度もなく、素敵な素敵なガビーの笑顔は撮れませんでした。
あんな小さなカメラの画面で見るにはもったいなさすぎるガビーの笑顔。

夢のような5分間が終わり、「ああああ~かっこよかった~!ああああ、早くパリに戻ってこないかなあ。 あっ、これはお母さんへのクリスマスプレゼントかもね、ガビーからの」と言う私に、冷ややかな目を向ける息子なのでした。

めでたい日本のニュースなどは忘れて、あのガビーのあの素敵な笑顔で私は年を越すことにします。
│posted at 00:34:02│ コメント 0件トラックバック 0件
プロフィール

くみ

Author:くみ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。